Press "Enter" to skip to content

吉永賢一「東大家庭教師の結果が出るノート術』あさ出版、2010年、183頁

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

本書は、著者が実践してきたノート術がまとめられた書籍です。「受験勉強」「仕事」「資格試験」などの結果を出す必要がある学習者に有用な方法が書かれていました。

なぜノートに記録するのか?

どんなノートにどのような筆記用具でどのように記録するのか?

具体的な書き方やノートに書いた情報の覚え方など具体的に説明されています。

メモの仕方やノートの取り方に興味がある方には参考になる内容だと思います。

私は、読書しているときにメモをしたり、アウトプットする際にノートに内容をまとめたりしています。
読書のインプットやアウトプットに参考になればと思い、本書を読んでみました。

読書よりは仕事に活かせる内容が多々ありました。

Comments are closed.