Press "Enter" to skip to content

成功する人の考え方とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

成功する人と失敗する人の違いは?

成功する人と失敗する人のたった1つの違いは、実行するか実行しないか、ではないでしょうか?

インターネットが普及した現在、知りたいことをインターネットや本で調べると、ほとんどの事柄について知ることができます。

ただ、あまりにも情報が多いので何を信じたらいいのか、どれが答えなのか判断ができないのが実情です。
そのため、ネットサーフィンや乱読を繰り返し、知識だけが増える状態に陥ります。

また、時間をかけて調べたことも時間が経つと忘れてしまい、全く活用されることなく埋もれてしまいます。

そのため調べる前と調べた後では、知識量に変化があるだけで、生活の質は、まったく改善されていない、何も変わっていない、といった状態です。

この、繰り返しが失敗する人(何も変われない人)です。

この状況を変えるたった1つの方法は?

それは、「行動すること」です。

例えば、調べた事柄に対する解決策が10個あったとします。

その10個の解決策を、ノートに書き出し、どの答えが最善か考えます。
そして、最善だと思えること(自分なりの結論)を、実行するのです。

実行することによってのみ、現状が変わります。

人生は、「改善」の連続です。

問題にぶつかった時、解決策を探し、考え、結論を出し、改善するために行動しましょう。
行動した結果、自分の思う成果が得られなかった時、別の方法を探し、また、行動しましょう。

考え、行動し続けることが、現状を改善し、より良い人生、より豊かな人生を歩む、たった1つの方法です。

自分の思う成果、結果が得られるまで、行動し続けられる人が「成功する人」なのです。
これは、習慣です。

「悪い習慣」は別の習慣によってのみ変えることができます。
「良い習慣」を増やすことにより、限られた人生を有効に、楽しみましょう。

参考書籍

Comments are closed.