Press "Enter" to skip to content

ピラミッド原則

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

考えをピラミッド型に構成すれば,読み手とのコミュニケーションは楽になります。まず頂上から始め,徐々にピラミッドの下に移っていけばよいのです。主たる考えをまず述べることで,読み手はなぜそういう考えとなるのか書き手に対して疑問を持つことになります。そこで,ピラミッドを一段下りてその疑問に答えていけばよいのです。この疑問と答えのプロセスを繰り返せば,あなたはすべての考えを読み手に伝えることができます。

Comments are closed.