Press "Enter" to skip to content

「脂肪肝」は治るか?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

私は、3年連続、健康診断で、「脂肪肝」といわれています。

そのため、「脂肪肝をいかにして治すか?」をテーマに考えてみました。
現在、日本人の3人に1人が脂肪肝といわれています。
下記のように、進行することがあります。

脂肪肝
⬇︎
脂肪性肝炎
⬇︎
肝硬変
⬇︎
肝がん

また、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、歯周病などの生活習慣病のリスクも高めます。
「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状がでにくいのが、特徴です。

脂肪肝とは?

中性脂肪が肝臓に30%以上たまった状態の病気です。
いわゆる、「フォアグラ状態」です。

原因は?

実はアルコールより、糖質(ご飯、麺、パン、果物、ジュースなど)の過剰摂取が原因となっていることの方が多いのです。
糖質は、ブドウ糖に分解後、肝臓で中性脂肪に変化します。

肝臓についた脂肪はとれるか?

体重を2㎏減らすだけで肝臓の中性脂肪が減り、肝機能が回復します。
一方、食べ過ぎると脂肪は肝臓からつくという特徴があります。

体内で脂肪がつくられやすい時間帯は?

夜間です。
夜は活動も少ない時間帯なので、寝る前に食べ過ぎてしまうと、食べた糖質が消費されず中性脂肪に変わってしまいます。
そのため、寝る前2時間は食事を避け、夕食後の果物やおやつなどのとりすぎも注意が必要です。

1日に必要な適正カロリーは?

適正カロリー(㎉)=標準体重(㎏)×25(㎉)

立ち仕事などが多い人の場合、
適正カロリー(㎉)=標準体重(㎏)×30(㎉)

標準体重(㎏)=(身長(㍍)×身長(㍍))×22
で計算できます。

まず、上の計算式に当てはめて、標準体重を計算します。
私の場合、
1.65㍍×1.65㍍×22=59.895㎏
となるため、標準体重が、約60㎏ と分かりました。

適正カロリー算出の式に、標準体重 約60㎏を入れ計算すると、
60㎏×25㎉=1500㎉
私の1日の適正カロリーは、1500㎉となりました。

現在、体重が62㎏のため、標準体重までの差で考えても、肝臓についた中性脂肪を減らす目安2kgから考えても、
約2㎏のダイエット
が必要ということになります。

結果としては、
やはり肥満の改善(ダイエット)が必要だと、改めて自覚しました。
一日1500㎉・・・
2㎏のダイエット・・・

ん〜😞
まずは、朝・昼・晩の食事は「カロリーと糖質」を気にすることから始めます。
そして、毎日体重計に乗り・・・
1週間に一度、腹囲を計り・・・

日々の変化を意識することにより、過剰摂取を抑制したいと思います。

また、ダイエット方法を考え、実践しよう・・・かな?
皆さまも、健康に気をつけてください。

次回の健康診断で結果に変化が現れたら、報告します。

Comments are closed.