Press "Enter" to skip to content

「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」②中経出版

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

元イェール大学助教授の斉藤 淳さんの著書「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」を読んだので紹介いたします。

本書を読むことにより、「最も効率的な語学習得法」「英語学習の最短ルート」が学べます。
本書から学べる、発音習得法を、ご紹介いたします。

世界の非ネイティブエリートがやっている発音習得法

  1. 「意識的に音を区別して発音する能力」を身に付けない限り、聞き取る力が育たない
  2. 聞き取りができないと、インプットの量が格段に減少する
  3. 効率的に語学を身につけようという人ほど、発音から入るのが最短ルート
  4. 新しく言語を覚える手順としては、「発音→スぺル」
    ※まずは正しい発音を身につけることだけを考える
  5. 発音改善法は、発音記号をしっかりと読めるようになること
  6. 発音をよくするための方法として、シャドーイングはとても効果的
  7. アメリカの歴代大統領の就任演説は、内容的にも素晴らしく、お手本にするには格好の材料
    歴史が創られた瞬間のアメリカ大統領の英語(CD付) (CD BOOK)』西川秀和(ベレ出版)
    ※付属音声ダウンロード有料「べレ出版・歴史が創られた瞬間のアメリカ大統領の英語」⇒(HP
  8. 「フォニックス」(wiki)による発音の練習は語学学習に不可欠
    ※動画映像は、YouTubeなどで「phonics」でキーワード検索すれば、無料のものが公開されている
    DVD&CD付 日本人のための英語発音完全教本』竹内真生子(アスク出版)
  9. 鏡を見ながら、舌の位置を確認してみる
    ※発音記号と口の形の作り方について、基礎をひと通り押さえたいという人には、下記のどちらかがおすすめ
    英語口の体操』金坂慶子(国際語学社)
    CD付 世界一わかりやすい 英語の発音の授業』関正生(KADOKAWA)
  10. 単語帳は、「単語のスペル」「発音記号」「品詞」「意味」を書く

その他、おすすめ教材
世界のエリートはなぜ歩きながら本を読むのか?』田村耕太郎(マガジンハウス)

 

以上、発音習得法のパートを箇条書きにまとめてみました。
赤ちゃんの言語習得順序と同じく「聞く」→「話す」を意識して、英語も学習していくと効率的です。

発音の学習をしたことのない人は、「発音」学習にも取り組んでみてください。

Comments are closed.